交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

古田総合法律事務所

ご相談はこちらから

弁護士の選び方

1.弁護士による「二次被害」の現実とは?

最近、セカンドオピニオンを求めて当事務所へ相談に来られる交通事故被害者が増えています。その背景には、すでに依頼されている弁護士に対する疑問や不安があるようです。しかし、多くの方が、その思いを自身の弁護士に伝えることもできずに悩んでおられるのです。すでに信頼関係が揺らいでいるといえるでしょう。もし仮に、プロである弁護士から不十分な解決案しか提示されないとしたら、それは被害者にとって、事故に次ぐ深刻な二次被害となってしまいます。当事務所は、交通事故に特化した弁護士グループです。現在の状況に不安をお持ちの方は、二次被害を防ぐためにも、是非お早めに当事務所にご相談下さい。

2.弁護士にも「専門分野」があります

たとえば私たちが病院を選ぶとき、風邪をひいたら内科へ、骨折をしたら整形外科を受診します。また、脳の手術なら脳外科、心臓なら心臓外科という具合に、大切な命を守るために専門の医師を頼るのは当然の選択です。実は、弁護士選びも全く同じだということをご存知でしょうか。たしかに、弁護士の世界には、**科、といった区分けはありません。しかし、法律の専門家であれば、全ての事件に精通しているということではないのです。病院を選ぶときのように、「交通事故の場合は、交通事故に精通した専門の弁護士を選ぶ」という考えをしっかりと持つことが大切です。

3.本当に「交通事故に特化」した弁護士の見分け方とは?

インターネットで検索すると、「交通事故専門弁護士」というキャッチフレーズで多くの弁護士事務所が表示されます。検索結果が多すぎて、いったいどの“専門”弁護士を選べばよいのかと悩まれている方も多いことでしょう。交通事故専門弁護士とは、いうまでもなく交通事故に精通している弁護士のことです。専門弁護士は、裁判において圧倒的に被害者に有利な判決を獲得します。またその実績は、保険会社との交渉にも顕著に表れ、示談でも裁判所の基準と同程度の内容の高額な賠償金を獲得することにつながります。

では、その力量を客観的に見分けるにはどうすればよいのでしょうか? 第一の方法は、その弁護士が勝ち取った判決や和解が、裁判所からどのように評価されているかを確認することです。被害者のためにどれほど高い賠償額を獲得し、困難な過失を逆転し、高い後遺障害を獲得してきたか……。弁護士をお選びになる際は、その「実績」に注目し、をどれくらい積んできたのか? しっかり検討して頂ければと思います。

*当事務所が長年にわたって積み上げてきた交通事故の画期的判例は、こちらでご覧いただけます

 

4.私たちは裁判所からも信頼される「交通事故のみに特化した弁護士」です

当事務所は交通事故裁判や示談において、常に最高の成果を上げていると自負しております。それは、これまでに全国の裁判所で積み上げてきた多数の判例や和解の実績をご覧いただければお分かりいただけるでしょう。弁護士の選任でお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。すでに示談中、また裁判中の方も、セカンドオピニオンとして相談を受け付けております。相談は何回でもすべて無料です。また、当事務所の弁護士費用は、被害者のご負担が少なくなるよう、合理的なシステムを採用しております。着手金「0ゼロ」の対応もしておりますのでご安心ください。自信を持って皆様のご期待にお応えできるものと思っております。

パソコン・FAXでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-13-9
フォーキャスト人形町4F
古田総合法律事務所
所在地・アクセス

このページの上部へ戻る

古田総合法律事務所 | 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 フォーキャスト人形町4F | 受付時間 : 10:00~18:30(平日)TEL 03-5640-1777 | FAX 03-5640-2455

Copyright (C) 2008 FURUTA GLO. All rights Reserved.