交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

古田総合法律事務所

ご相談はこちらから

解決事案情報

10~12等級など

左肩12級を訴訟上の立証で倍額認定、600万円→1,200万円、過失20%→10%へ
10~12等級など 過失大逆転

41歳女性 左肩関節機能障害12級6号

示談案600万円 → 和解額1,200万円(自賠責別) 

過失につき物損20%を、訴訟で人損10%に縮小

横浜地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

代表的な高額判例

【脊髄損傷】頚髄損傷被害者の高額判例
代表的な高額判例

25歳男性 頚髄損傷、排せつ障害等1級

職業介護人日額1万8千円、家族介護8千円の介護料を認定。

認定損害額 約2億6,900万円

名古屋高裁 一審 名古屋地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

刑事処分

【死亡】遺族の抗議と弁護士早期介入で再捜査し、加害者実刑、過失も逆転。訴訟上の和解で7,200万円
刑事処分 過失大逆転

死亡事故 16歳女性(高校生) 和解額約7,200万円

警察は被害者の交差点飛び出しと認定 

遺族の抗議と代理人と代理人早期介入による再捜査 

→ 過失大逆転 → 被告過失90%認定 

刑事事件では加害者実刑となる

前橋地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【死亡】一審では加害者無責、控訴審で別の目撃者証言を採用し、過失逆転。かつ、刑事も不起訴から実刑に。
刑事処分 過失大逆転

24歳男性 死亡事故

一審では被害者敗訴,支払いは「0」との判決 → 控訴審で大逆転

保険会社は無責主張 → 被告過失90%に大逆転 

刑事事件は不起訴 → 再起訴で実刑

損害認定額約8,800万円(過失相殺10%)

東京高裁 一審 千葉地裁管内

「 控訴審までに目撃者を捜し出した結果」

詳しい判例解説はこちら

大幅増額

【鎖骨変形/下肢障害】当初460万円示談提示から4倍1850万円高額和解
大幅増額

鎖骨変形および下肢障害併合11級で、労働能力率と年数が争点となった。

裁判所は和解案1,400万円を提示し、我々はさらに増額を主張して1,850万円の大幅増額で和解した。

 

原付バイクで走行中、同方向左折の車に巻き込まれた(左折巻き込み型事故)。

 

すべて読む>>

【高次脳機能障害】過失逆転し、2級に介護料日額8千円認定
大幅増額 過失大逆転

バイクで信号ある交差点を直進中、対向右折車が衝突した。

過失を逆転し、高次脳機能障害2級に介護料日額8千円を認め、自賠責込みで8,700万円の高額解決

すべて読む>>

【遷延性識障害】人身傷害と自賠責1億円を見直し、訴訟で倍額和解
大幅増額 過失大逆転

26歳男性、遷延性識障害1級、赤点滅信号進入、人身傷害と自賠責1億円で終了とされた事案。我々が過失と損害を見直し訴訟で2億円(2倍)の和解。

 

車で赤信号点滅交差点へ侵入し、黄色点滅信号からの車両と衝突した。

自宅介護にかかる費用を認め、過失割合を80%から60%に変更した。

 

すべて読む>>

 

【高次脳機能障害】16歳女性脳外傷併合5級、弁護士交代で2.5倍7550万円和解
大幅増額 弁護士交代 後遺症の異議申立

16歳女性、併合5級(高次脳7級・外貌7級)、約3000万円で示談を勧められていた弁護士介入事案。当方が受任し、約2.5倍の7,550万円で和解した例

 

自転車で青信号交差点を横断中、同方向右折車両に撥ねられた。

自賠責併合5級(高次脳7級・外貌7級)を緻密に立証した。

すべて読む>>

【高次脳機能障害】44歳女性 高次脳機能障害7級他併合6級、紛争処理センターから訴訟に移行、1億3,600万円の高額和解
大幅増額

44歳女性 高次脳機能障害7級他 併合6級

被害者が紛争処理センターにて7,000万円程度の示談案 

→ 当方訴訟にて1億1,000万円和解(既払金含み1億3,600万円)

横浜地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】国賠・自衛隊案件 示談案850万円を訴訟にて4,200万円に大幅増額(5倍)
大幅増額 後遺症の異議申立

当時4歳女子 高次脳機能障害5級(併合4級) 

自衛隊示談案 後遺症高次脳12級(併合11級) 示談案850万円

→ 訴訟にて高次脳5級(併合4級)を認定(5倍) 和解額4,200万円 

東京地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】過失先方主張60%を30%に減縮、裁判所和解案7,600万円を1億円にした例
大幅増額 過失大逆転

19歳男性 高次脳機能障害3級

過失先方主張60%を30%に減縮 

裁判所和解案7,600万円を、当方は詳細に主張のうえ約1億円に増額で解決

大阪地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】地裁判決を高裁で大幅増額。2億3,700万円を3億200万円に6,500万円の大幅増額。
大幅増額

22歳男性 高次脳機能障害1級

一審判決  約2億3,700万円 → 高裁和解 約3億200万円

高次脳機能障害の重い症状と介護の過酷さを立証

東京高裁 一審 横浜地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】紛争処理センター示談案を、裁判所で倍額認定
大幅増額

22歳男性 高次脳機能障害1級

被害者に対し紛争処理センターで約1億2,600万円提示済み → 当方裁判所2億4,300万円認定(ほぼ倍増)

東京地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】保険会社は自殺と高次脳の関係を否定、裁判で因果関係を認定。
大幅増額 後遺症の異議申立

54歳女性 高次脳機能障害5級 事故1年2ヶ月後に自殺

保険会社は因果関係ゼロ主張 → 裁判にて因果関係80%認める

認定損害額 約5,900万円(過失相殺20%)

東京高裁 一審 東京地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

弁護士交代

【高次脳機能障害】16歳女性脳外傷併合5級、弁護士交代で2.5倍7550万円和解
大幅増額 弁護士交代 後遺症の異議申立

16歳女性、併合5級(高次脳7級・外貌7級)、約3000万円で示談を勧められていた弁護士介入事案。当方が受任し、約2.5倍の7,550万円で和解した例

 

自転車で青信号交差点を横断中、同方向右折車両に撥ねられた。

自賠責併合5級(高次脳7級・外貌7級)を緻密に立証した。

すべて読む>>

【脊柱変形】前任弁護士での示談交渉1,300万円留まりを、弁護士交代、訴訟提起し3,200万円で和解
弁護士交代

28歳男性 脊柱変形8級,めまい12級 併合7級

前任弁護士と保険会社との示談交渉1,300万円 → 弁護士交代 → 3,230万円和解(自賠責・労災別)

東京地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【遷延性意識障害】当初保険会社は無責主張、弁護士交代により、総損害2億4,100万円全額を獲得
弁護士交代

21歳女性 遷延性意識障害

当初保険会社は無責主張 → 弁護士交代 →

損害賠償額(自賠責込) 1億6,800万円 + 人身傷害 7,300万円 = 2億4,100万円を獲得

 

詳しい判例解説はこちら

【遷延性意識障害】前任弁護士の見積1.2億円程度を、2億2,500万円で大幅増額和解
弁護士交代

32 歳男性 遷延性意識障害

前任弁護士見積 1.2億程度 → 弁護士交代 → 約2億2,500万円(自賠責別)

宇都宮地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【遷延性意識障害】一審判決「余命7年間」が、弁護士交代で二審「22年間」に変更
弁護士交代

57歳女性 遷延性意識障害 1級

一審 約1,300万円(余命7年間) → 弁護士交代 → 二審 約5,800万円(余命22年間)                 

東京地裁 一審 横浜地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【死亡】和解直前で代理人交代、被告の無責主張を逆転し、被告過失80%を認定
弁護士交代 過失大逆転

33歳男性 死亡事故

被告無責主張 → 代理人交代 → 被告過失80%認定

損害認定額約5,600万円(自賠責別)

横浜地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

後遺症の異議申立

【下肢障害】損保8級主張を覆し7級5000万円を訴訟で立証
後遺症の異議申立 裁判上の後遺症認定

運転代行車に同乗中、左方からのトラックが衝突した。

下肢障害 自賠責に異議申立して併合7級

 

すべて読む>>

【高次脳機能障害】16歳女性脳外傷併合5級、弁護士交代で2.5倍7550万円和解
大幅増額 弁護士交代 後遺症の異議申立

16歳女性、併合5級(高次脳7級・外貌7級)、約3000万円で示談を勧められていた弁護士介入事案。当方が受任し、約2.5倍の7,550万円で和解した例

 

自転車で青信号交差点を横断中、同方向右折車両に撥ねられた。

自賠責併合5級(高次脳7級・外貌7級)を緻密に立証した。

すべて読む>>

人工股関節10級11号を、関節用廃8級7号に異議申立て、立証。
後遺症の異議申立 紛争処理センター

62歳女性 右股関節用廃8級7号

自賠責 人工股関節10級11号 → 異議申立て → 右股関節用廃8級7号

自賠責込み示談額 2,642万円

紛争処理センター

62歳女性としては高額な解決

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】自賠責高次脳機能障害5級(併合4級)から3級(〃2級)に異議申立て、立証。
後遺症の異議申立

32歳女性 高次脳機能障害3級(併合2級)

自賠責 高次脳機能障害5級(併合4級) → 異議申立て → 高次脳3級(併合2級) へ上昇

認定損害額 約1億円

横浜地裁管内 和解

認定変更後、約4,000万円の増額

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】自賠責高次脳機能障害3級から2級に異議申立て、過失も逆転
後遺症の異議申立 過失大逆転

19歳女性 高次脳機能障害 2級

自賠責 高次脳機能障害3級 → 異議申立て → 2級に変更。 

過失につき 保険会社は原告65:被告35を主張 → 裁判 → 原告35:被告65 に逆転 

和解額 約1億2,000万円 

松山地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】自賠責異議申立て高次脳機能障害2級の損害立証に成功
後遺症の異議申立

64歳男性 高次脳機能障害2級

自賠責及び被告主張 7級程度 → 自賠責異議申立て → 高次脳2級

認定損害額 約1憶300万円

横浜地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】国賠・自衛隊案件 示談案850万円を訴訟にて4,200万円に大幅増額(5倍)
大幅増額 後遺症の異議申立

当時4歳女子 高次脳機能障害5級(併合4級) 

自衛隊示談案 後遺症高次脳12級(併合11級) 示談案850万円

→ 訴訟にて高次脳5級(併合4級)を認定(5倍) 和解額4,200万円 

東京地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】保険会社は自殺と高次脳の関係を否定、裁判で因果関係を認定。
大幅増額 後遺症の異議申立

54歳女性 高次脳機能障害5級 事故1年2ヶ月後に自殺

保険会社は因果関係ゼロ主張 → 裁判にて因果関係80%認める

認定損害額 約5,900万円(過失相殺20%)

東京高裁 一審 東京地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

紛争処理センター

人工股関節10級11号を、関節用廃8級7号に異議申立て、立証。
後遺症の異議申立 紛争処理センター

62歳女性 右股関節用廃8級7号

自賠責 人工股関節10級11号 → 異議申立て → 右股関節用廃8級7号

自賠責込み示談額 2,642万円

紛争処理センター

62歳女性としては高額な解決

詳しい判例解説はこちら

裁判上の後遺症認定

【下肢障害】損保8級主張を覆し7級5000万円を訴訟で立証
後遺症の異議申立 裁判上の後遺症認定

運転代行車に同乗中、左方からのトラックが衝突した。

下肢障害 自賠責に異議申立して併合7級

 

すべて読む>>

【高次脳機能障害】自賠責は高次脳を否定、裁判で高次脳機能障害5級相当の認定
裁判上の後遺症認定

28歳男性 高次脳機能障害5級2号相当(裁判認定)

自賠責では局部の頑固な神経症状12級13号のみ → 裁判 高次脳機能障害5級2号認定

被告主張の当方過失割合 30% → 裁判 10%に減縮

判決額 約1億950万円

一審 東京地裁管内 

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】自賠責は画像所見なし高次脳非該当を、裁判で高次脳7級(併合6級)の認定
裁判上の後遺症認定

24歳女性 高次脳機能障害7級(併合6級) 裁判認定

自賠責では左手関節障害12級ほか11級のみ認定 → 裁判 高次脳機能障害7級ほか併合6級

脳外傷及び意識障害を裁判で立証

判決額 約7,910万円(10年間の延滞利息別途)

名古屋地裁管内 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】自賠責では高次脳を認めず、見逃されていた高次脳機5級(併合4級)を裁判で立証
裁判上の後遺症認定

25歳女性 高次脳機能障害 5級(併合4級)裁判認定 

裁判前は脳挫傷による右耳難聴他併合10級のみ,自賠責は高次脳を認めず  

→ 裁判 高次脳5級 他10級(併合4級)認定

医療機関・認定機関による高次脳機能障害の見逃し・見過ごしを是正 

判決額 約9,360万円 

千葉地裁管内

 

 

詳しい判例解説はこちら

過失大逆転

【高次脳機能障害】過失逆転し、2級に介護料日額8千円認定
大幅増額 過失大逆転

バイクで信号ある交差点を直進中、対向右折車が衝突した。

過失を逆転し、高次脳機能障害2級に介護料日額8千円を認め、自賠責込みで8,700万円の高額解決

すべて読む>>

【遷延性識障害】人身傷害と自賠責1億円を見直し、訴訟で倍額和解
大幅増額 過失大逆転

26歳男性、遷延性識障害1級、赤点滅信号進入、人身傷害と自賠責1億円で終了とされた事案。我々が過失と損害を見直し訴訟で2億円(2倍)の和解。

 

車で赤信号点滅交差点へ侵入し、黄色点滅信号からの車両と衝突した。

自宅介護にかかる費用を認め、過失割合を80%から60%に変更した。

 

すべて読む>>

 

【高次脳機能障害】自賠責高次脳機能障害3級から2級に異議申立て、過失も逆転
後遺症の異議申立 過失大逆転

19歳女性 高次脳機能障害 2級

自賠責 高次脳機能障害3級 → 異議申立て → 2級に変更。 

過失につき 保険会社は原告65:被告35を主張 → 裁判 → 原告35:被告65 に逆転 

和解額 約1億2,000万円 

松山地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【高次脳機能障害】過失先方主張60%を30%に減縮、裁判所和解案7,600万円を1億円にした例
大幅増額 過失大逆転

19歳男性 高次脳機能障害3級

過失先方主張60%を30%に減縮 

裁判所和解案7,600万円を、当方は詳細に主張のうえ約1億円に増額で解決

大阪地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

左肩12級を訴訟上の立証で倍額認定、600万円→1,200万円、過失20%→10%へ
10~12等級など 過失大逆転

41歳女性 左肩関節機能障害12級6号

示談案600万円 → 和解額1,200万円(自賠責別) 

過失につき物損20%を、訴訟で人損10%に縮小

横浜地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【脊髄損傷】加害者のウソを崩し、高裁で過失を大逆転
過失大逆転

20歳男性 胸髄損傷による両下肢麻痺1級事案

自賠責では当方センターオーバーで自損事故扱い(無責) 

→ 高裁で被告のセンターオーバーを認め,被告過失70%認定

損害認定額 2億1,900万円(過失相殺30%)

名古屋高裁 一審 名古屋地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【死亡】遺族の抗議と弁護士早期介入で再捜査し、加害者実刑、過失も逆転。訴訟上の和解で7,200万円
刑事処分 過失大逆転

死亡事故 16歳女性(高校生) 和解額約7,200万円

警察は被害者の交差点飛び出しと認定 

遺族の抗議と代理人と代理人早期介入による再捜査 

→ 過失大逆転 → 被告過失90%認定 

刑事事件では加害者実刑となる

前橋地裁管内

 

詳しい判例解説はこちら

【死亡】和解直前で代理人交代、被告の無責主張を逆転し、被告過失80%を認定
弁護士交代 過失大逆転

33歳男性 死亡事故

被告無責主張 → 代理人交代 → 被告過失80%認定

損害認定額約5,600万円(自賠責別)

横浜地裁管内 和解

 

詳しい判例解説はこちら

【死亡】一審では加害者無責、控訴審で別の目撃者証言を採用し、過失逆転。かつ、刑事も不起訴から実刑に。
刑事処分 過失大逆転

24歳男性 死亡事故

一審では被害者敗訴,支払いは「0」との判決 → 控訴審で大逆転

保険会社は無責主張 → 被告過失90%に大逆転 

刑事事件は不起訴 → 再起訴で実刑

損害認定額約8,800万円(過失相殺10%)

東京高裁 一審 千葉地裁管内

「 控訴審までに目撃者を捜し出した結果」

詳しい判例解説はこちら

【死亡】被告は被害者のセンターオーバーを主張、訴訟の反対尋問で被告のセンターオーバーを証明
過失大逆転

44歳男性 死亡事故 

加害者は、被害者のセンターオーバーを主張して無責主張 

→ 訴訟では、厳密な立証と反対尋問で加害者の過失90%(センターオーバー)を認定し大逆転

認定損害額1億1,000万円(過失相殺10%)

東京高裁 一審 千葉地裁管内 

 

詳しい判例解説はこちら

【遷延性意識障害】加害者は「双方赤50:50」「余命は10年」主張、全て訴訟で大逆転
過失大逆転

21歳男性 遷延性意識障害1級事案 

過失相殺は、克明な調査と反対尋問で被害者過失5%に縮小(50%→5%) 

平均余命については、全期間55年を認めた 

裁判所認定額1億4,400万円(自賠責・人身傷害別途) 

名古屋地裁管内(和解)

詳しい判例解説はこちら

【遷延性意識障害】保険会社は無責主張、自転車の補助椅子の幼児、裁判で頭蓋骨骨折形態から被告過失6割認定
過失大逆転

1歳幼児 脳挫傷四肢麻痺他1級 

被告の無責主張に対し、頭蓋骨骨折形態から車両への接触を立証し、相手過失60%を認定 

(被害者100%から、被害者過失40%に大逆転) 

1歳幼児の逸失利益計算に当たり、男女平均賃金を採用 

認定損害額1億6,800万円 

東京高裁  一審 さいたま地裁管内 

詳しい判例解説はこちら

高額示談例

【高次脳機能障害】就労継続する5級障害に介護料認定
高額示談例

自賠責被害者請求段階から支援し、高次脳機能障害5級を獲得。

被害者は仕事を続けていたので、損害の立証が困難なところ、自賠責別4,780万円で示談。

高次脳5級に介護料日額2,000円を認定し、当方過失10%分も人身傷害で回収。

すべて読む>>

 

パソコン・FAXでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-13-9
フォーキャスト人形町4F
古田総合法律事務所
所在地・アクセス

このページの上部へ戻る

古田総合法律事務所 | 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 フォーキャスト人形町4F | 受付時間 : 10:00~18:30(平日)TEL 03-5640-1777 | FAX 03-5640-2455

Copyright (C) 2008 FURUTA GLO. All rights Reserved.