交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

古田総合法律事務所

ご相談はこちらから

解決事案情報

【下肢障害】損保8級主張を覆し7級5000万円を訴訟で立証

後遺症の異議申立 裁判上の後遺症認定

運転代行車に同乗中、左方からのトラックが衝突した。

下肢障害 自賠責に異議申立して併合7級

 

すべて読む>>

  • 被害者の状況

46歳男性

下肢障害8級を異議申立し、併合7級を認定。

 

  • 加害者の主張

8級である。

 

  • 和解(当方の立証成果)

8級を7級にした。

7級を立証し、人身傷害および和解額合わせて5千万円もの高額で解決した。

水戸地裁管内 和解 2012

 

 

  • 当事務所のコメント人身傷害と相手保険会社がおなじため、双方とも等級争いとなった。

8級を異議申立して7級にした後、訴訟においても7級を確定し、人身傷害請求の根拠とした。

 

■損害額

 

損害額:単位 万円

逸失利益

約1,670万円

後遺障害慰謝料

約1,200万円

傷害慰謝料

約400万円

休業損害

約330万円

その他

約100万円

損害額

約3,700万円

自賠責控除

-約1,050万円

任意保険控除

-約370万円

労災充当

-約50万円

※調整金

約610万円

和解額

約2,840万円

※遅延損害金及び弁護士費用相当額

 

パソコン・FAXでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-13-9
フォーキャスト人形町4F
古田総合法律事務所
所在地・アクセス

このページの上部へ戻る

古田総合法律事務所 | 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 フォーキャスト人形町4F | 受付時間 : 10:00~18:30(平日)TEL 03-5640-1777 | FAX 03-5640-2455

Copyright (C) 2008 FURUTA GLO. All rights Reserved.