交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

ご相談はこちら

高次脳機能障害2級・76歳の被害者につき,保険会社の約2,950万円という提案から裁判で総額約1億1,200万円に大幅増額

さいたま地方裁判所管轄内

被害者の状況

①76歳・女性(主婦)
女性 主婦(事故時76歳、症状固定時76歳) 被害者が自転車で横断歩道上を走行中,対向右折してきた自動車に衝突される 高次脳機能障害2級

認められた主な損害費目

治療費

約1,100万円

傷害慰謝料

約200万円

逸失利益

約1,640万円

後遺障害慰謝料

約2,370万円

将来介護料

約4,670万円

住宅改造費

約295万円

その他

約820万円

損害額

約1億1,095万円

過失相殺5%控除

-約555万円

任意保険金控除

-約1,100万円

自賠責保険金控除

-約2,810万円

*1)調整金

約1,770万円

最終金額

約8,400万円

*1)調整金とは,弁護士費用,遅延損害金相当
*2)自賠責保険金2,810万円を加えて,総額約1億1,200万円を獲得した。

詳細

加害者の主張

将来介護料については,日額1万円程度を目安に算定すべきである。

裁判所の判断

被害者には,歩行不安定等の身体機能障害,認知障害,行動障害,人格変化等が残存しており,その介護の負担を考慮すると日額1万3,000円の将来介護料を認める。

当事務所のコメント/ポイント

本件の被害者は,任意保険会社から約2,950万円という示談案を提示された状態で当事務所を訪れ,当事務所がお手伝いすることとなった。その結果,総額約1億1,200万円の賠償金を獲得することができ,実に3.5倍以上に増額されることとなった。
保険会社は支払う側であるから,弁護士をつけずに被害者自身で交渉を行うと,弁護士が裁判を行った場合と比較して5~6割程度の額しか提示してこないことが多い。保険会社の提案に疑問を感じた場合には,実際に依頼するかどうかは別にして,まずは弁護士に相談だけでもしてみることをお勧めしたい。

- 引用 -

高次脳機能障害2級・76歳の被害者につき,保険会社の約2,950万円という提案から裁判で総額約1億1,200万円に大幅増額