交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

古田総合法律事務所

ご相談はこちらから

画期的判例:013

人工股関節の等級見直し紛争処理センターで4倍超|交通事故 弁護士

被害者の状況

①62歳・女性
② 人工股関節、10級11号 →専門の医師に再検査を依頼して追加の意見書を作成。異議申し立てによって8級7号(股関節用廃)に認定 →紛争処理センターに申し立て

認められた主な損害費目

逸失利益

約1,147万円

休業損害

約106万円

住宅改造費

約100万円

傷害慰謝料

約145万円

後遺障害慰謝料

約830万円

その他

約453万円

損害額

約2,781万円

過失5%控除後損害額

約2,642万円

既払控除
(自賠責分 被害者請求)

-約1,356万円

示談額

約1,286万円

自賠責込みの金額

約2,642万円

詳細

加害者の主張

①逸失利益

後遺症は8級7号になったが、労働能力喪失期間は67歳までの5年で足りる。

②慰謝料

後遺症慰謝料は254万円が妥当

③過失

当初はゼロだと主張していたが、紛争処理センターで当方の主張が高額だったことから、過失10%を主張。

紛争処理センターの判断

①労働能力喪失率は平均余命26年の半分である13年間を認め、その結果、逸失利益は331万円から1,146万円にアップ。

②慰謝料は8級の裁判基準の975万にアップ。

③過失については、当方が十分に立証したことから、当方主張の過失5%が認められ、自賠責込み総額約628万円が、約2,642万円となった。

当事務所のコメント

①医学知識を活用し、等級の見直しを成功させたことが、よい結果につながった。

②過失及び逸失利益につき、「こちらの主張を認めなければ裁判で争う」という姿勢を崩交渉に臨んさずだところ、紛争処理センターは当方の裁判実績成果を認めて、実に保険会社提示の4倍を超えることとなった。

③福島の依頼者だったが、東京の紛争処理センターで取り扱ったことにより、弁護士の旅費や日当が発生せず、被害者の負担を抑えることができた。

パソコン・FAXでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-13-9
フォーキャスト人形町4F
古田総合法律事務所
所在地・アクセス

このページの上部へ戻る

古田総合法律事務所 | 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 フォーキャスト人形町4F | 受付時間 : 10:00~18:30(平日)TEL 03-5640-1777 | FAX 03-5640-2455

Copyright (C) 2008 FURUTA GLO. All rights Reserved.