交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

ご相談はこちら

両下肢麻痺脊髄損傷1級、訴訟同等の高額示談|交通事故 弁護士

被害者の状況

①30歳・男性
② 脊髄損傷1級(両下肢麻痺)
③ 加害者側から介護料不要、過失15%と言われたことから不安に感じ当方に依頼。

認められた主な損害費目

逸失利益

約1億1,080万円

将来介護料

約3,950万円

将来雑費

約980万円

介護機器費用

約1,260万円

車両改造費

約680万円

傷害慰謝料

約400万円

後遺障害慰謝料

約2,800万円

近親者慰謝料

約500万円

その他

約2,350万円

損害額

約2億4,000万円

過失12.5%控除後損害額

約2億1,000万円

既払控除(任意)

-約3,000万円

既払控除(自賠責)

-4,000万円

最終金額

約1億4,000万円

参考:受取額

自賠責被害者請求

4,000万円

示談金

約1億4,000万円

合計受取額

約1億8,000万円

詳細

加害者の主張

①過失

被害者側に15%あり。

②介護料
車椅子で動けるため不要。

示談の内容

①依頼を受けた当事務所は、まず被害者の生活の安定のため自賠責保険に被害者請求を行い、4,000万円を獲得後、改めて保険会社に残額を請求した。

②その後、保険会社にも弁護士が付くことになったが、相手側弁護士は当方の実績を十分に理解しており、話し合いで解決したいとの提案があった。

③結果的に、過失は双方が譲歩して15%と10%の間の12.5%で折り合いをつけ、自賠責込み2億1千万円(手取りで1億8千万円)という 示談としては極めて高額な金額で解決。

④当初不要だと主張されていた介護料は、裁判とほぼ同じく日額6,000円、慰謝料は、本人分2,800万円、家族500万円、合計3,300万円の高額が認められた。

当事務所のコメント

①被害者事案では、まず生活の安定のため、自賠責を請求するのが正当である。

②脊髄損傷1級の事案を2億1千万円で示談したことは、ほぼ訴訟と同じ結果だということを被害者にご説明したところ、大変喜んでいただくことができた。当法律事務所の訴訟実績を認めて、保険会社の弁護士がこれを認めた結果である。

③インターネット広告などでは、「着手金なし、提示額と解決額の差額10~20%」を弁護士報酬として表示している事務所を散見するが、単に増額できればよしとするのか、それとも被害者・家族が納得できる解決を望むのか、十分にご検討頂きたい。