交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

古田総合法律事務所

ご相談はこちらから

解決事案情報

【高次脳機能障害】16歳女性脳外傷併合5級、弁護士交代で2.5倍7550万円和解

大幅増額 弁護士交代 後遺症の異議申立

16歳女性、併合5級(高次脳7級・外貌7級)、約3000万円で示談を勧められていた弁護士介入事案。当方が受任し、約2.5倍の7,550万円で和解した例

 

自転車で青信号交差点を横断中、同方向右折車両に撥ねられた。

自賠責併合5級(高次脳7級・外貌7級)を緻密に立証した。

すべて読む>>

  • 被害者の状況

16歳女性

頭部外傷(脳挫傷)による高次脳機能障害7級ほか、併合5級

 

  • 相談の経緯

既に他の弁護士に依頼して自賠責併合5級1,574万円は取得済み。

高次脳機能障害7級のみの評価で約3,000万円の示談を強力に勧められていた。

母親が示談案を不満に思い、当事務所へ相談し訴訟を提起。

 

  • 加害者の主張

・外貌7級は逸失利益に反映しない。高次脳7級で評価済み。

 

  • 裁判所の判断

外貌7級部分も請求に含め、高次脳機能障害7級を厳密に立証し、当方主張が認められ、自賠責控除後7,550万円で和解した。

千葉地裁管内 和解 2013

 

  • 当事務所のコメント

弁護士の示談交渉では、解決額が裁判の8割程度に収まることが多い。

とくに高次脳機能障害や外貌醜状の逸失利益の立証は、単に交通事故取り扱いの弁護士だけでなく、医療や損害に精通している弁護士か否かが重要なポイントである。

この点が顕著に表れ、当初示談案約3,000万円から2.5倍の約7,550円に大幅増額した事案である。

 

  

損害額(単位:万円)

逸失利益

約6,690万円

傷害慰謝料

約350万円

後遺障害慰謝料

約1,500万円

その他

約230万円

損害額

約8,770万円

任意控除

-約200万円

自賠責控除

-約1,570万円

※調整金

約550万円

和解額

約7,550万円

※遅延損害金及び弁護士費用相当額

 

パソコン・FAXでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-13-9
フォーキャスト人形町4F
古田総合法律事務所
所在地・アクセス

このページの上部へ戻る

古田総合法律事務所 | 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 フォーキャスト人形町4F | 受付時間 : 10:00~18:30(平日)TEL 03-5640-1777 | FAX 03-5640-2455

Copyright (C) 2008 FURUTA GLO. All rights Reserved.