交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

古田総合法律事務所

ご相談はこちらから

被害者の立場にたった事案の見直し

納得できない「過失割合」や「障害等級」まずは私たちと一緒に、見直してみませんか?

あなたは、捜査機関や損保会社から一方的に押し付けられる、
「事故状況」や「過失割合」、「後遺障害等級」などの結果に納得されていますか? 

当事務所は被害者の立場に立って、それらの見直しに必要な証拠保全に積極的に取り組み、大逆転の判決を幾度も勝ち取り、大きな成果を上げてきました。その実績はナンバー1であると自負すると同時に、被害者の方々には名誉回復を実現していただき、精神的にも経済的にも大変ご満足頂いております。決して妥協せずに真実を追求することで、被害者とそのご家族の今後の人生が大きく変わるのです。あきらめるのは早すぎます。是非、私たちと一緒に取り組みましょう。

(1)過失割合の見直しには「証拠保全」が重要です

① 警察や検察捜査を100%信じない

警察や検察の捜査は客観的で正しい……、そう信じたいところですが、残念ながら期待を裏切られるケースも少なくありません。特に、死亡事故や重傷事故の場合は、当事者でありながら事故状況について話すことができないため、相手の言い分だけで事故処理が進んでしまいがちです。後になって後悔しないためには、できるだけ早く事故現場へ出向き、目撃者捜しをしたり、防犯カメラをチェックするなど、警察の情報にとらわれることなく独自に調査することが大切です。これらは全て、被害者の方々の初動の行動なくしては不可能です。

② 現場の写真を撮っておく

事故現場に残るタイヤ痕や擦過痕、散乱部品等の痕跡、また、事故車の損傷箇所は、できるだけ早く写真やビデオで記録しておきましょう。警察が実況見分時に撮影した写真は、基本的には開示されません。家族が動けない場合は、知人に依頼して動いてもらいましょう。

③ 全てが完了するまで証拠品は大切に保管すること

事故時に着用していた衣類やヘルメット、靴なども重要な証拠になることがあります。返却されても処分せず、また洗濯もせず、事件が解決するまでそのまま保管してください。万一、警察や検察による捜査や、事故状況、加害者の言動などに納得できない場合は、一刻も早く当事務所にご相談下さい。警察の捜査情報はもちろん、目撃者情報など可能な限りの証拠を収集し、その上で各分野の専門家とスクラムを組みながら検証と立証を行ってまいります。

(2)後遺障害等級の見直し

① 後遺障害等級の申請からサポートします

重傷事故に遭われた方が一番お困りになるのが自賠責保険の後遺障害認定です。特に「高次脳機能障害」「脊髄損傷(中心性背髄損傷含む)」「運動機能障害」の判断は難しく、適切な認定を受けられなかった場合、上位等級ほど深刻な事態となります。当事務所は高水準の医療知識と専門医との事務所を駆使して、適正な後遺障害等級取得のお手伝いをしております。熟練した弁護士が自賠責請求の段階からお手伝いすることによって、事前に後遺障害診断書をチェッすることができ、医師の見立て違いや書き間違いといったミスを防ぐことができます。どうぞお早めにご相談ください。

② すでに認定済みの等級に不満をお持ちの方へ

自賠責に申請したものの、認定された後遺障害等級が実際の障害より不当に軽いものだったというご不満の声をよく耳にします。このような場合、当事務所では弁護士が代理で「異議申し立て」を行う方法を推奨しています。熟練した弁護士が、医療画像の読影、カルテの解析等、医療知識に裏打ちされたデータを添えて異議申立ての手続きをすることで等級が上昇し、十分ご満足頂ける成果を数多く上げております(このことは、最新情報や裁判例をご覧頂ければ明瞭です)。また、弁護士が代理をつとめることで全ての情報は被害者側にも入り、円滑に手続きを進めることができます。後遺障害の等級認定結果に疑問をお持ちの方も、ぜひご相談下さい。

パソコン・FAXでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-13-9
フォーキャスト人形町4F
古田総合法律事務所
所在地・アクセス

このページの上部へ戻る

古田総合法律事務所 | 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 フォーキャスト人形町4F | 受付時間 : 10:00~18:30(平日)TEL 03-5640-1777 | FAX 03-5640-2455

Copyright (C) 2008 FURUTA GLO. All rights Reserved.